2009年09月19日

どこかで聞いた洋楽(Wuthering Heights)

この曲も、どこかで聞きおぼえたありますよね?








正解は・・・
↓  ↓  ↓

恋のから騒ぎ』のオープニングで使用されている曲でした。

このイントロを聞くと、土曜の夜を思い出すという方も、おられるのではないでしょうか?

曲は、ケイト・ブッシュの『嵐が丘』。

タイトルから察する通り、この曲は、エミリー・ブロンテの小説『嵐が丘』からインスパイアされて出来上がった曲だそうです。

ただし、ケイト・ブッシュ本人は小説を読んだのではなく、これを原作としたテレビドラマの方からインスパイアされたとか。

歌っているケイト・ブッシュは1958年生まれ。

この曲『嵐が丘』がリリースされたときは19歳だったというのだから、恐ろしい話です(何が恐ろしいんだ!)。
当時は、ピンク・フロイドのギターリスト・ギルモアの秘蔵っ子として注目を集めていたとか。

彼女のハイトーンボイスが、とても耳に心地よい名曲であります。



【送料無料選択可!】天使と小悪魔 / ケイト・ブッシュ

posted by たかと at 00:51 | Comment(2) | TrackBack(0) | どこかで聞いた洋楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も先月ケイトブッシュを思い出してUPしたとこです(笑)
久しぶりに聴いても、「あ〜この声!」と新鮮でした。
昔は曲しか知らなかったのに、
今はYouTubeのおかげで、動く姿も
簡単に観られるようになりましたね。
声だけでも充分なインパクトなのに、
視覚的にも楽しめるお方なんですねヽ(^▽^@)ノ
Posted by 石ころ at 2009年09月20日 15:52
石ころさん、こんにちは。

ケイト・ブッシュの声は、あのピーター・ガブリエルも大のお気に入りらしいですね。

そのことがきっかけで、名曲『ドント・ギブ・アップ』をデュエットしたらしいです。
Posted by たかと at 2009年09月20日 17:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。