2009年09月22日

If you were a Woman VS. You Give Love A Bad Name

これ、意外と知られていないと思いますが、ボン・ジョヴィの『禁じられた愛』の最初の出だしの部分って、ボニー・タイラーの『イフ・ユー・ワー・ア・ウーマン』のサビのフレーズにそっくりなフレーズが飛び出してくるんです。

いや、そっくりというよりも、まったく同じといった方がいいかもしれません。

しかも、リリースされたのは、ボニー・タイラーのほうが先であります。

 
秘めた想い(紙ジャケット仕様) / ボニー・タイラー
ボン・ジョヴィ/ワイルド・イン・ザ・ストリーツ(CD)



ですので、一瞬、ボン・ジョヴィボニー・タイラーの曲をパクったのかと思いました。

でも、なんてことはない、2曲ともデスモンド・チャイルドという人が書いた曲だったんですね(『禁じられた愛』の作者は、ジョン・ボン・ジョヴィ、リッチー・サンボラ、デスモンド・チャイルドというふうにクレジットされています)。

ですから、似ていて当たり前なのですね。

ちなみに、このデスモンド・チャイルドという人は、メロディアス・ハードロックのソングライターとしてはかなり有名な方。

いわゆる、メロディー重視のハードロックの作曲させれば、右に出る者はいない、といえばオーバーかもしれませんが、それぐらいに才能のある方です。

このボン・ジョヴィのほかに、エアロスミスやKISSらと組んで、ヒット曲を飛ばしているほどですから。









posted by たかと at 22:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | よく聞きゃ似てる、この2曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。