2009年09月29日

どこかで聞いた洋楽(Private Eyes)

6年ぐらい前までは、CMソングとして、テレビでかかりまくっていました。

さて、何のCMだか覚えていますか。






正解は・・・
↓   ↓   ↓
2003年ごろ、ソニーのサイバー・ショットのCMソングとして、起用されていました。

曲は、ダリル・ホール&ジョン・オーツ(略してホール&オーツ)の『プライベート・アイズ』です。

ところでそのCM、つい最近のCMだとばかり思っていたのですが、もう6年前のCMになるんですね。



ちなみに、PVを見てもらえればわかるとは思うのですが、手前でボーカルを取っている、ブロンドでカッコいいお兄さんがダリル・ホールさん、その後ろでギターを弾いているスーパーマリオみたいなヒゲ面のおじさんがジョン・オーツさんであります。

ただ、このダリル・ホール&ジョン・オーツというデュオは、実は凄い二人でありまして、1977年から1984年までの7年間のあいだで、全米1の楽曲を6曲も世に送り出している凄い二人組だったのであります。

彼らが、このペースでヒット曲を連発していれば、今頃はビートルズかカーペンターズ、あるいはアバやマドンナ、マイケル・ジャクソンクラスのアーティストになっていたかもしれません。

ところが、90年代に入ると、彼らは見事に失速。

そのため、彼らは、今や80年代を代表する過去のアーティストのようになってしまいました。



そういえば、この『プライベート・アイズ』が「サイバー・ショット」のCMソングに起用されていたころ、ジョン・オーツが『笑っていいとも』にゲスト出演したことがありました。

それを見た私は、思わず、

「うぉ〜っ、ジョン・オーツやーっ!」

とテレビの前で一人叫んでしまったのですが、会場に来ていた若い観客は

「誰やねん、このオヤジ」

ってな感じで、シーンと静まり返っていました。

その様子を見た瞬間、私は思わず時代の波を感じてしまいました。

しかし、ちょうどそのころテレビから頻繁に流れていた、『プライベート・アイズ』のサビの部分が会場に流れだすと、会場から

「あ〜あ、この曲を歌っている人か」

的なざわめきが一斉に起きておりました。

テレビの前の私と、会場に見に来ていた観客の温度差を、さまざまと感じ取ってしまった瞬間でした。



ダリル・ホール&ジョン・オーツ/プライベート・アイズ



posted by たかと at 01:29 | Comment(2) | TrackBack(0) | どこかで聞いた洋楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あ。。この曲は聴いたことがあります!!
でも全然知らないアーティストさんです
(〃^ ^〃)ゞ
でもたかとさんの表現が面白いです♪
「カッコいいお兄さん」と「スーパーマリオみたいなヒゲ面のおじさん」。。
あまりにも対照的ですヾ(≧∇≦*)〃
Posted by さくら at 2009年09月30日 03:03
さくらさん、こんばんは。

>あまりにも対照的ですヾ(≧∇≦*)〃

このパターン、お笑いの次長課長(河本と井上)や、チュートリアル(徳井と福田)のパターンと似ていませんか?
Posted by たかと at 2009年09月30日 22:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/129078739
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。